10.子供服ブランド

子供服というと数多くのブランドがありますが、親が子どもに着せたいブランドというと、人気のある子供服ブランドとはまた違った子供服ブランドが挙がってきます。
親が子どもに着せたい子供服ブランドで毎回上位に挙がってくるのが、GAPやユニクロといったファストファッションの子供服ラインです。ファストファッションの子供服ラインが子どもに着せたい子供服ブランドとして上位に挙がってくる理由としては、子供の成長は早くて、すぐに着られなくなっていくので、なかなか高い子供服を着させることはできないのですが、ファストファッションの子供服ラインなら、お手頃価格で買うことができ、しかもデザインもシンプルで着させやすいということがあるようです。GAPもユニクロも、シンプルで動きやすく、日常的に着やすい子供服のブランドです。子どもにプレゼントするのではなく、日常子どもに着せたい服というとしたら、やはり機能性や耐久性が大きなポイントになるということですね。またGAPもユニクロも、大人も着て楽しむことができるということも、子どもに着させたい子供服ブランドとなっている理由のようです。子どもと一緒に買い物に行けば、1件の店内で大人も子供も、小物もすべてそろえることができるので、改めて別の店に足を運ぶ必要もありません。またお父さん、お母さん、子どもというふうに、家族全員でお揃いにすることもできますし、おなじ形の服を色違いにして楽しむこともできます。そういったファミリー感があるということも、GAPやユニクロが人気のある子供服ブランドとなる理由と言えるでしょう。
その他、親が子どもに着せたい子供服ブランドとなると、コムサイズムやナイキ、ミキハウスなどが挙がってきます。どれも、GAPやユニクロと比べると価格帯はぐっと上がるのですが、どれもおしゃれ感があるものになってきます。コムサイズムは、コムサ・デ・モードなど、ファイブフォックスの中でも、ファミリー向けのラインとなっています。もちろん価格がコムサ・デ・モード系列の中では低目ということもあると思いますが、コムサイズムはテーマが「家族の絆」とされているだけあって、ファミリー全体で楽しめるということが影響しているのでしょう。コムサでイズムの子供服は、シンプルなデザインながら、色合いはピンクやブルー、グレーといったパステル調の優しい色合いとなっています。
そしてここ数年で子供に着せたい子供服として人気が出てきているのが、ナイキの子供服です。ナイキの子供服は、日本ではフーセンウサギ株式会社がライセンス契約を受けて、発売しています。ナイキは、スポーツ分野で培った革新性やノウハウをもとに、特に機能面と素材にこだわって、子どもたちが元気いっぱいに体を動かしたくなる商品の提供を目指しています。そのため、デザインとしてはシンプルなものが多いのですが、通気性の良い素材や軽い素材等が多く用いられていて、そこが子どもに着せたい子供服の中でも上位にランクインする理由と思われます。またナイキの子供服は安全性への配慮も高く、ナイキ本社からも「フードのひもはつけない」などといった安全への配慮の支持がありますが、フーセンウサギ株式会社独自でも、安全への配慮を十分に設けていて、こだわりを持って提供しています。
続いて子どもに着せたい子供服としては、ミキハウスがあります。子供服の定番中の定番といえば、ミキハウスがあげられるくらいの安定した人気を誇っています。ミキハウスの子供服は、子どもらしい甘めのカラーやデザインに、動きやすく遊びやすい素材、そしてフォーマルからカジュアルまで、それぞれのシーンに応じた子供服をそろえることができる幅の広さといったところが、お母さん、お父さん方からの人気を集めている理由となっています。親戚や友達の子どもへのプレゼントとしてミキハウスの子供服を送ることも多く、もらったお母さん方も喜んでくれるということも、ミキハウスという子供服ブランドへの信頼感の裏返しといえることでしょう。
その他、子どもに着せたい子供服としては、ラルフ・ローレンやアディダス、組曲など、大人のブランドの子供服ラインが主に人気がある流れになってきています。

Valuable information

最終更新日:2017/3/9

お問い合わせ

Copyright (C) 20014 ALL in Fashion All Rights Reserved.